ファクタリングで資金繰りを改善できた!

銀行融資との違い

ファクタリングと銀行融資の大きな違いとは

ファクタリングは売掛債権の売買という説明をしました。しかし銀行融資というのは、銀行や保証協会の審査を通って、初めてお金を借りる事が出来る資金調達方法になります。日本政策金融公庫は特に中小・零細・個人事業で利用をされる金融公庫ですが、なかなか貸し渋りが多く、希望する金額を融資してもらう事が出来なかったり、審査が通らなかったりします。しかも銀行融資の場合は、税金を滞納していると100%借りる事が出来ませんので、資金繰りが厳しい企業にとっては超難関と言っても過言ではありません。これがファクタリングになると、手数料を取られはしますが、面倒な審査などもありませんし、税金の滞納の有無、債務超過かどうか、なども関係ありません。非常にシンプルな資金調達方法なのです。

銀行融資を成功させるには

銀行融資を成功させるのは、やはりある程度の売上、決算書の内容、バランスシートの内容、税金の滞納の有無などをまずクリアする事が必須条件となってきます。しかも銀行融資の場合でもプロパー融資のように枠をもらえる場合もありますが、これは相当経営内容が良くないと難しいかもしれません。まず保証協会を通す前に銀行担当者に、プロパー融資の打診はしてみるのが良いと思います。あとはしっかりとした事業計画を作成し、銀行マンにしっかりと説明が出来るようにしなくてはなりません。運転資金の場合に限るのですが。また設備融資の場合は条件が変わってきますので注意が必要です。

▲pagetop

Copyright(c)2015 ファクタリングで資金繰りを改善できた! all rights reserved.