ファクタリングで資金繰りを改善できた!

ファクタリングとは

ファクタリングの仕組み

ファクタリングとは、会社が持っている売掛債権を民間のファクタリング会社に買い取りをしてもらう取引の事を言います。しかもファクタリングと言うのは、民間の専門ファクタリング会社の場合では償還請求権無しというところもあります。要は売掛金のある取引先が倒産などをしても、ファクタリング会社が負債を背負うという事になります。そもそも売掛金と言うのは、数ヵ月後には現金化される売上であって、数ヶ月(規定の支払い期日)が来たらキャッシュに変わります。ただこのファクタリングを利用する理由の一つはこの支払い期日まで待つことが出来ないという切羽詰った状態の会社でも何とかすることが出来るという売掛金債権の売却になるのです。すぐにキャッシュ化することが出来るというのがファクタリングの最大のメリットですね。特に中小企業では、資金調達の方法がかなり限られていますし、厳しいのが現状です。銀行融資も簡単には貸してくれませんし、スポンサーが付く事もまずありません。出資してくれる会社もありませんので、自力でキャッシュを作っていく必要があるのです。この一つとしてファクタリングが利用されているのです。

ファクタリングにはこんなメリットも

ファクタリングの説明は上記でした通りですが、これ以外にもメリットはたくさんあります。例えばファクタリング取引とは貸付ではない為、ブラックリストに載っている経営者でも利用する事が出来るのです。また銀行融資では欠かせない条件でもある納税もしていなくてもファクタリングは利用出来るのです。これは経営者にとっては本当に助かる部分ですよね。また取引先の信用を調べる為にもファクタリングは利用されています。基本的には自分の会社の審査ではなく、取引先を審査するのがファクタリング会社になりますので、自社がどんな企業と取引をしているのか?という事がわかるようにもなるのです。メリットが多いファクタリング。会社を存続する為にも、ファクタリングという取引は覚えておいた方が良いと思います。

▲pagetop

Copyright(c)2015 ファクタリングで資金繰りを改善できた! all rights reserved.